女性ホルモン対策

近年無理なダイエットやストレス、生活習慣の乱れによりホルモンが乱れている女性が増えてきています。女性ホルモンのバランスが乱れると生理周期も乱れるし生理痛も重くなります。あとイライラしたり肌荒れを起したりもするのできちんと女性ホルモンのバランスを整えることが最重要課題といってもいいでしょう。 

 

 

 女性にとっては女性ホルモンの分泌を促進させることは非常に重要なことだと言えます。そして女性ホルモンを分泌させる為に大切なのは質の良い眠りとくことが出来るのです。

 

 そして質のいい眠りの為に必用なことは早起きをすることです。夜なかなか眠れないとという人は当然寝起きも悪くなりますが、そのサイクルを断ち切る為にも早起きをすることが重要なポイントなのです。早起きして朝日を浴びることで人間の体というのはリセットされます。そして早起きしたら夜自然と眠くなりますし、同じ時間に寝て早起きすることを習慣づければ自然と眠りの質は良くなると言えます。

 

 また睡眠だけではなく食事も女性ホルモンに重要な関わりを持っていて、ビタミン、ミネラル、カルシウム、マグネシウム、イソフラボンを多く含む食事をすることにより女性ホルモンの分泌は盛んになります。オススメの食材はカボチャ、卵、大豆、キャベツ、ナッツ類です。 これらの食材をきちんと摂取するようにこころかげて下さい。

 

 それと甘いモノが好きでよく食べるという人は注意が必用です。甘いモノの食べすぎはホルモンバランスが崩れる原因にもなります。だから甘いモノの摂取を控えるように心がけましょ。

 

 さらに適度な運動をすることも大切です。運動不足はホルモンバランスを悪くするので生活の中に運動を取り入れて体を動かすようにして下さい。

 

 

女性にとって、ホルモンバランスの変化は心と体に大きな影響を与える要因になります。
女性ホルモンの量は多すぎても少なすぎてもいけません。

 

最適なホルモンバランスが維持されることで、毎日健康的で穏やかに過ごすことができます。
健康的な生活のために、ぜひ女性ホルモンのバランスを意識した生活を心がけましょう。

 

 

ホルモンバランスを整える前に、まずは自分のホルモンバランスをよく知っている必要があります。
基礎代謝を測って自分のホルモンバランスが正常であるかチェックしてみましょう。
基礎体温は生理周期によって高温期と低温期の二つの時期に分かれます。
高温期と低温期の差が0.3°以上であれば健康的だといわれており、逆に、0.3°以内、もしくは毎日バラバラであったありする場合、ホルモンバランスに問題があるとされています。

 

 

ホルモンバランスに乱れが見られたら、できるだけ早めに改善処置をとりましょう。
大きなストレスを溜めすぎたり、食生活に偏りがあったり、睡眠時間が極度に短かったりする時にホルモンバランスが乱れます。
なので、ストレスを溜めない、三食食べて早めに寝る、など当たり前の健康生活を当たり前にこなすことを意識することが大切です。

 

 

 

また、大豆イソフラボンを含む食材はホルモンバランスの改善に大いに役立つので、毎日の食卓に積極的に取り入れるのがオススメです。
例えば、豆乳や納豆などはスーパーで手軽に手に入る食材なので、冷蔵庫に常備するようにしましょう。"